50D

Canon EOS 50D 40D  Err 30 表示 修理

Canon EOS 50D 40D  Err 30 表示 修理

50D
50D

2008年9月下旬発売。

Lv撮影機能や動画機能が進化して盛り込まれ、新しい撮像素子、新しい映像エンジンを採用しEOS 40Dに比べ大きなリニューアルをしました。
本体サイズはEOS 40Dと同等。
重量は約10g軽くなってますが、2桁のミドルシリーズでは最後のマグネシウム合金の機種と言われております。

故障内容と症状について

err-30
err 30

こちらはシャッターを切った時にシャッター関連部の不具合により、ボディの上部モニターに『Err30』もしくは、背面モニターに『Err 30 撮影できません。電源スイッチの〈OFF〉→〈ON〉、またはバッテリーを入れなおしてください』と表示が出てしまう場合があります。

現在はEOS 50D,40D共に部品が枯渇しており、メーカーはもちろん他の修理会社でも修理不能判断となる場合があります。

ご注意

「Err」表示でも別箇所の不具合が要因の場合は、修理不能判断をさせて頂く場合がございます。
旧製品につきましては、交換部品が必要な場合など修理保証をご容赦頂く場合がございます。


>カメラ修理は日研テクノ

カメラ修理は日研テクノ

カメラ・レンズ・三脚の修理は日研テクノ株式会社にお任せください。大阪に本社があり全国から修理品をお預かりしております。キヤノン・ニコン・シグマ・オリンパス・リコー・パナソニック・マンフロット・ジッツオの各メーカーの国内正規修理認定を受けております。また、業界最長の1年間長期修理保証を実施しております。

CTR IMG