Lレンズ修理

Err01表示レンズ修理 【Canon EF24-70/2.8L USM】

Canon Err01表示修理
EF24-70/2.8L USM

往年の名機CanonLレンズの故障にお悩みの方は多いと思います。

代表的な故障例はErr01表示の接点エラーですが、発売から20年経過している個体もありますので、レンズ内に付着したカビや、精度にお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

当社の旧製品修理メニューには精度点検と調整も含まれますので、故障修理以外にもメンテナンスのご依頼も承っております。

キヤノンレンズ Canon EF24-70/2.8L USM

2002年11月発売の初期Lレンズです。

総重量は950gと少々重たいレンズですが、ボケ具合などの描写から現在も愛用されている方が多い機種です。

canon24-70
canon24-70

故障内容と症状について

Canon EF24-70/2.8L USM Err01表示
err画像

こちらはシャッターを切った時にレンズから絞りの情報がボディに伝わらない不具合により、ボディの上部モニターに「Err01」もしくは、背面モニターに「Err01 カメラとレンズの通信不良です。

レンズの接点を清掃してください」と表示が出てしまう場合があります。現在は部品が枯渇しており、メーカーはもちろん他の修理会社でも修理不能判断となる場合があります。

修理必要箇所と交換部品

・レンズ本体のフレキシブル基板交換
・レンズ本体、ボディの接点清掃


>カメラ修理は日研テクノ

カメラ修理は日研テクノ

カメラ・レンズ・三脚の修理は日研テクノ株式会社にお任せください。大阪に本社があり全国から修理品をお預かりしております。キヤノン・ニコン・シグマ・オリンパス・リコー・パナソニック・マンフロット・ジッツオの各メーカーの国内正規修理認定を受けております。また、業界最長の1年間長期修理保証を実施しております。

CTR IMG