カメラ 修理

withコロナ時代のメンテナンスについて

【withコロナにより使用機会が減ってもカメラ用品のメンテナンスは大事です!】

新型コロナウィルスによる行動制限が長期化する中、イベントや学校行事などが無くなり撮影機会が激減してしまっております。
最近になってご自宅などに長期間保管していたカメラを使おうとしたらエラーが発生して修理のご依頼をする方も増えて来ております。

■大切なカメラの保管方法について

・カメラだけでなくストロボ及びアクセサリー製品の電池は抜いた状態にて保管をしてください。
・フル充電の状態では保管しないでください。 過充電・過放電の状態は電池に負荷を与えます。
・レンズやストロボ及びアクセサリー製品をカメラ本体から外してください。
・カメラの保護のため、ボディーキャップを付けてください。
・レンズの保護のためフロントキャップ、リアキャップを付けてください。
・ストロボやアクセサリー製品についても専用ケースなどに入れて保管してください。
・高温、多湿の環境は避けて、風通しのよい場所で保管してください。
・動作チェックの為、月に1,2回(目安)は電源を入れて、撮影テストを行うようにしてください。

■【点検及びクリーニング】サービスについて
日研テクノでは、
「夏休みに使ったカメラを次の機会までにメンテナンスして保管したい」

「使用予定があるけど長く保管してたのでカメラをメンテナンスしておきたい」
などのご要望に応える為、
【点検及びクリーニング】のサービスをご用意しています。

また、マンフロットやジッツオの三脚・雲台製品並びにロープロのローラーバッグ等の
メンテナンス・オーバーホールについても合わせて行っております。

簡単なクリーニングから、本格的なオーバーホールまで、
ご愛用機材の使用年数や状態に合わせてお申し込みいただけますので、
ご気軽にお問い合わせください。

※宅配便での修理品受付も通常通り行っております。

d f

メンテナンス内容

カメラボディ

・センサー清掃

・ボディ外観清掃

・ミラーボックス内清掃

・操作部点検

・表示部点検

・通信部清掃・点検

・簡易撮影

・AF ピント点検

・フランジバック点検

・露出点検

・ホワイトバランス点検

・ストロボ点検

交換レンズ

・AF ピント点検

・解像力点検

・絞り点検

・手振れ補正機能点検

・操作部点検

・通信部清掃・点検

・外観清掃

更にファームウェアのアップデートはもちろんのこと診断を含む分解、清掃及び
摩耗部品の交換、注油、組み立てた上での調整といったオーバーホールも行っております。

※一部、上記サービスの対象メーカー・機種でない製品がございます。予めご了承ください。対象メーカー・機種について
はお問い合わせください。

※上記サービスに送付して頂く修理品や記録媒体のデータは修理の際、初期設定等に戻す場合がございます。お客様にて
必ずバックアップをお願い致します。

 

お知らせ(日研テクノ)の最新記事8件

>カメラ修理は日研テクノ

カメラ修理は日研テクノ

カメラ・レンズ・三脚の修理は日研テクノ株式会社にお任せください。東京・大阪に本社があり全国から修理品をお預かりしております。キヤノン・ニコン・シグマ・オリンパス・リコー・パナソニック・マンフロット・ジッツオの各メーカーの国内正規修理認定を受けております。また、業界最長の1年間長期修理保証を実施しております。

CTR IMG