ニコン

ニコン Zシリーズ用ファームウェアアップデート 2種同時公開

ニコン Zシリーズ用ファームウェアアップデート 2種同時公開

ニコンはフルサイズミラーレスカメラ「Z 7」「Z 6」のアップデート用(ファームウェア Ver.3.00)およびAPS-Cサイズミラーレスカメラ「Z 50」のアップデート用(ファームウェア Ver.1.10)を公開しました。

(ファームウェア Ver.3.00)をZ 7、Z 6に適用することで、人物の顔・瞳認識に加え、新たに犬と猫の顔・瞳を認識しピントを合わせる「動物AF」を搭載した。「動物AF」を使用することでフォーカスポイントの操作に気を取られることなく、動物とのコミュニケーションや構図に集中でき、狙った写真を撮ることが可能になる。また、ターゲット追尾の動作が、デジタル一眼レフカメラの[3D-トラッキング]に似た操作感に変更され、さらに使い勝手が向上する他、メモリーカード「CFexpress」※の対応ブランド数が増加した。

Z 50用(ファームウェア Ver.1.10)では、動画の自分撮りモード時のAFモードを改善。常に顔にピントを合わせ続けたいというユーザーの希望に応えた。

 

Z 7、Z 6用(ファームウェアVer.3.00)アップデート内容

① 犬や猫の顔や瞳に自動的にピントが合う「動物AF」
動物AFが新たに追加され、顔認識AFと瞳AFの機能が犬と猫にも対応する。複数の動物の顔認識・瞳認識を行っている場合は、左右のセレクタを使用することにより任意の顔・瞳が選択可能となる。動画撮影時には「顔認識」のみ動作する。
② ターゲット追尾AFの使い勝手向上
静止画モードでフォーカスモードをAF-Cに設定している場合、ターゲット追尾の動作が、デジタル一眼レフカメラの[3D-トラッキング]に似た操作感になる。シャッターボタンを半押ししている間、またはAF-ONボタンを押している間は追尾を行い、ボタンから指を放すと追尾が終了になる。また追尾終了後はフォーカスポイントが追尾を開始する前の位置に戻るようになる。 さらに、「オートエリアAF画面」と「ターゲット選択画面」の間の遷移をカスタムボタンでも可能にし、EVFを覗きながらのターゲット追尾への移行や追尾対象となる被写体の切り替えが容易になるよう、使い勝手が向上している。
③メモリーカード「CFexpress」対応
Sony製カードに加え、ProGrade製、Lexar製のCFexpressカードTypeBにも対応する。

Z 50用(ファームウェアVer.1.10)アップデート内容

動画の自分撮りモード時の制御仕様変更
動画の自分撮りモード時、AF-S固定となっていたAFモードをAF-F固定に変更。この仕様変更により、動画撮影中に常に顔にピントが合うように改善した。

ファームウェアのダウンロードページ

>カメラ修理は日研テクノ

カメラ修理は日研テクノ

カメラ・レンズ・三脚の修理は日研テクノ株式会社にお任せください。東京・大阪に本社があり全国から修理品をお預かりしております。キヤノン・ニコン・シグマ・オリンパス・リコー・パナソニック・マンフロット・ジッツオの各メーカーの国内正規修理認定を受けております。また、業界最長の1年間長期修理保証を実施しております。

CTR IMG