【メディア掲載】『アサヒカメラ』 に掲載されました

アサヒカメラ 2020年6月号「フィルムカメラ修理の現状」で掲載されました。
弊社でのフィルムカメラ修理サービスついて紹介して頂きました。

 


フィルムカメラの修理は主に50年代後半から2000年代前半までに発売された国内
カメラメーカーのものが中心だが、80年代以降のカメラは電子化(フレキシブルプリン
ト基板化)が進み部品が枯渇しているカメラも多くあるので注意が必要。ただ、名機と
いわれるフラッグシップモデルや需要の高いカメラについては、一定量の部品を保有し
ているのでまずは相談してみることをお勧めする。対応が困難な舶来品や、部品が枯渇
しているカメラについても、機種やメーカーごとの専門店と協力し、可能な限り修理
を行うことを念頭にサービスを行っている。


(本文より抜粋)